社員インタビュー

貨物 ドライバー Hisao.Saito

関東一円を中心にモノを運ぶ仕事

私は中途採用で丸運に入社し、今年で6年目になります。
以前も照明器具を運ぶトラックのドライバーをしておりまして、前の会社の社長が丸運さんと繋がりがあったことから、コチラを紹介していただいた形です。
日によって配達・集荷の状況は変わりますが、赴く場所は都内を中心に関東一円を広くカバー。遠いところですと、西は山梨県甲州市、北は群馬県前橋市の方まで行く事もありますね。トラックのドライバーはクルマを運転する事自体が好きだという方が多いと思います。
特に大型車は運転席が高く、景色もよい。東名高速を下っていく途中で富士山が真正面に見えるポイントなどは、日頃運転する中でもお気に入りのポイントですね。

風通しのよい職場でベテランドライバーも活躍

ドライバーとして働くのは丸運が3社目になりますが、この道20年、30年というベテランドライバーが多いのがこの会社の特徴に挙げられるかなと思います。
週休2日で必ずと言っていいほど時間内に仕事が終わりますので、長く働ける環境が充分に整っているという事が影響しているのではないでしょうか。また、仕事の最後に2時間程度、ドライバーが集まって翌日のための荷物の積み替え作業を行うのですが、こういった共同作業をする中で同僚とのコミュニケーションも自然と生まれ、風通しのよい職場環境が構築されているのもポイント。
やはり楽しい職場でないと、なかなか仕事も続きませんよね。

風通しのよい職場でベテランドライバーも活躍

入社後も手厚いフォローが整う

新しい仕事に就く際には、誰しも不安があるかと思いますが、丸運では先輩からの指導に加え、今までの蓄積された経験に基づいて作られたマニュアルがあるので、その点は安心していただけるかと思います。法定速度を守る、積み荷を壊さない、事故を起こさないといった当たり前の事はもちろんですが、状況に合わせてドライバーの意見を取り入れながら、随時更新しているマニュアルをしっかり守ることで、確実な仕事ができるよう取り組んでいます。
私自身、運転できる限りはずっと働きたいと考えておりますので、同じように長い目線で職場を選びたいと考えている方に、丸運はオススメできる会社です。クルマを運転することが好きな人はもちろん、力に自信がある人も大歓迎ですので、就職・転職活動をされている方はぜひ丸運を視野に入れていただきたいですね。

本社営業 タンクローリードライバー 倉庫課営業